不動産購入時の引き渡し準備は?チェックポイントと流れについて

カテゴリー:不動産購入

無事に不動産の売買契約が締結出来ても、「引き渡し」までは油断してはなりません。
不動産購入時の引き渡しまでは、さまざまな準備や入居前のチェックなどがあります。ここで、ついつい確認漏れや準備不足などが生じてしまうと、せっかくのマイホームが不満の残るものとなってしまう可能性があるのです。
そこで、今回は不動産購入時の引き渡しまでの準備や流れ、チェックポイントについて解説していきます。

引渡し前に「内覧」で物件を確認

物件が完成したら、引き渡しを行う前に「内覧」として、物件の様子を確認することができます。設備の不具合や希望と異なる部位などが無いか、内覧できちんとチェックしておくことで、入居後のトラブルを防ぐことにつながります。
まずは、新築住宅と中古住宅の「内覧時」のチェックポイントについて見ていきましょう。

新築住宅のチェックポイント

新築住宅のチェックポイントは大きく2つが挙げられます。それが次の通りです。

・希望通りの仕上がりとなっているか
・設備に不具合はないか

まずは「希望通りの仕上がりになっているか」を確認してみてください。
契約時にどのような物件に仕上げてほしいかは、誰もが要求しているもの。しかし、稀に、希望通りの仕上がりになっていない場合があります。この場合は、契約書と照らし合わせて、「違いが生じている部分」をピックアップして相談することが大切です。
仮に「まぁいいや」と、その場では受け入れたとしても後日に後悔する可能性があります。小さな問題もきちんと担当者に相談し、希望通りに修正してもらうことをおすすめします。

また「設備の不具合」に関しても、念入りにチェックしなければなりません。
例えば「ドアの開閉はスムーズか」「窓の開閉は問題ないか」「壁や天井、床などは汚れていないか」「きしみやへこみはないか」などは、内覧時に絶対にチェックしておいたほうが良いといえます。
実際の日常生活を想定し、力加減も調整しながら確認してみてください。

中古住宅のチェックポイント

中古住宅の内覧では、次のポイントを確認する必要があります。

・希望していた箇所の修理
・リフォームの仕上がり
・付帯設備の有無

中古住宅を購入する場合、設備の不具合が生じていたり、経年劣化などで見栄えが悪くなっていることがあります。契約時にこれらの修理、リフォームなどを依頼していた場合は、きちんと希望通りの仕上がりになっているかきちんと確認しておきましょう。
悪質な業者の場合、希望通りに仕上がっていなかったり、そもそも手抜き工事によって完璧に修理・リフォームが済んでいないこともあります。
内覧時点で上記を確認し、気になることがあれば、その都度担当者に相談しましょう。

また、引き継ぐ予定の付帯設備があった場合は、内覧時にも「撤去されていないか」を確認してください。実際、「庭木も引き継ぐはずだったのに撤去されている!」といったトラブルは発生しています。
契約時に付帯設備の引継ぎについて相談済みの場合は、約束していた設備がきちんと完備されているかチェックしてください。

引き渡し時のトラブルはどうする?

あまり知られていませんが、引き渡し時にトラブルが発生することがあります。
万が一、自身がトラブルに巻き込まれてしまった場合、対処法について把握しておかなければ、適切な処置ができません。
そこで、ここからは万が一のトラブルに備えるための「引き渡し時のトラブル対処法」について解説します。

契約内容と違いが生じたら解除できる

契約内容と違いが生じている場合は、契約を解除することができます。
ここでいう「契約内容との違い」とは、内覧時に発見した物件の状態のことだけではなく「引き渡し日の延期」「入居していた売主の引っ越しに遅れが生じている」「建物が約束の期日までに完成しない」なども挙げられます。
契約内容に1つでも違いが生じたら、一方的に解約を求めることができるため、必ずしも相手の承認や確認などを待つ必要はありません。

損害賠償を請求できる

契約解除の他の対処としては「損害賠償の請求」が挙げられます。
とくに、引き渡しの遅れによって費用が発生したり、日常生活に支障が生じるなどの場合は、損害賠償を請求できる可能性が高いです。
「契約違反があったが入居したい」という場合は、「損害賠償」という選択肢を検討することをおすすめします。

引き渡しまでに準備するもの

不動産購入後、引き渡しまでに準備するものは多いです。とくに「必要書類」「費用面」の準備が多いため、時間には余裕を持って準備を進めていくことが大切。それぞれの準備について詳しく見ていきましょう。

必要書類

引き渡しまでに準備すべき必要書類は次の通りです。

・住民票
・委任状
・印鑑証明書

上記は、必ずしも全員に必要な書類ではありませんが、必要に応じて準備しておかなければなりません。
とくに、住宅ローンを利用する場合は「委任状」「印鑑証明書」が必須となるため注意してください。

残金・諸費用

・物件代金の残金
・固定資産税の清算金
・都市計画税の精算金
・管理費や公共料金などの精算金
・登記費用
・仲介手数料の残金(不動産会社宛)

物件の引き渡しまでに、残金や諸経費など、支払いが必要なものは多いです。うっかり支払い漏れがあると、契約違反と見なされてしまう可能性があるため注意しましょう。

不動産購入後の引き渡しの流れ

不動産購入後から引き渡しまでの主な流れは次の通りです。

・売主と買主が集合する
・登記手続きを行う
・残金や諸経費を支払う
・決済
・引き渡し完了

基本的に、登記手続きと決済が完了次第、引き渡しも完了となります。

不動産購入時の引き渡しの準備は万全に

不動産購入では「引き渡しの準備」を万全にしておかなければなりません。
「何をチェックすればいいのか」「何を揃えればいいのか」などが曖昧なままだと、希望とは異なるマイホームに住むことになってしまいます。
思わぬトラブルの原因となってしまうため、不動産購入を検討している方は「引き渡しまでの準備」について、改めて確認しておきましょう。

その他のコラム