住宅ローンの審査は、あなたの様々な情報を用いて総合的に審査をします。
審査をするうえで、最も重要な情報が、個人信用情報になります。
クレジットカードや割賦(分割)商品の購入履歴や、返済状況について常に指定信用情報機関に登録されています。
個人信用情報に、異動情報がある場合、残念ながら住宅ローンの審査に落ちてしまいます。
今後、住宅ローンを利用して住宅購入を検討されている方であれば、個人信用情報について知らない、せっかく良い物件が見つかっても購入できない可能性があります。
是非この動画で知識を得て、無事に住宅ローンの承認を得られるよう今から対策をしていきましょう!

【目次】
①個人信用情報とは
②住宅ローン審査に影響する個人信用情報
③住宅ローン審査に落ちてしまう個人信用情報

【指定信用情報機関】
株式会社シー・アイ・シー 通称CIC
株式会社日本信用情報機構 通称JICC 
全国銀行個人信用情報センター 通称全国銀行協会

YouTubeアプリやブラウザ版YouTubeでの視聴はこちら